消費者金融専業主婦

 

消費者金融で融資申し込みの際に必要なもの

消費者金融でキャッシングを申し込む際に必要なものは本人確認書類、保険証各種、免許証、パスポート等のいずれかです。申し込む消費者金融によっては異なりますが、保険証またはパスポートを本人確認書類として提出の際は同時に住民票も提出する場合があります。次に必要なものが収入証明書です。源泉徴収票や確定申告などの申告証明書、給料明細のいずれかになります。給料明細を提出の際は直近3か月分の明細を提出することになります。借入金額により、または消費者金融によって異なりますが、収入証明書が不要の場合もあります。審査にもうひとつ必要になるのが、就業先への在職確認です。これは消費者金融側からオペレーターにより就業先へ電話で確認することになります。在職確認の電話の内容は、会社名は名乗らず、オペレーターの個人名によって、申し込み者の在職を確認します。補足として、保証人、または担保については不要になります。これを無担保ローン等とも言います。専業主婦の人は、銀行カードローンがいいでしょうか。場合によっては、旦那さんに内緒で借りれますし・・・

 

消費者金融で借りたら返済日を忘れないように

担保や保証人なしで、いつでも気軽に利用できるのが消費者金融の一番の魅力ですが、各社それぞれ返済日が違うので、ついうっかり忘れないようにしなければなりません。もし消費者金融で定められた返済日を過ぎてもお金を返さないまま延滞してしまった場合は、遅延損害金が発生するので、通常よりも高い利息をプラスして支払わなければならないので注意しましょう。おまけにそのことで信用が低下するので、他の消費者金融を利用する際に影響を及ぼすことがあります。新規の借り入れが出来なくなることもありますし、そのまま利用停止になったり、最終的にはブラックリストに載るという不名誉な事態に陥る可能性があるので、消費者金融でお金を借りた時は、返済日の印をカレンダーにつけておくなどして、忘れないようにしたいですね。遅延損害金を支払うと、せっかく低金利の消費者金融を利用しても、余分な利息を支払わなければなりません。それでは意味がないので覚えておくようにしましょう。

 

消費者金融の借入に関する法律

消費者金融等からの借入れに関する法律はいくつかありますが、2010年に施行された改正貸金業法が最も大きな影響を与えています。この法律では、消費者金融からの借入れで、利息の上限を定めるという大きな役割を果たしました。いわゆる利息制限法ですが、これまではグレーゾーンといわれていた利息制限法の上限金利から出資法の上限金利までの間の利率を違法と定めたため、これまでこの利率で貸し付けをしていた消費者金融は、軒並み過払い金を請求されることになりました。この影響で、債務者にとっては利息がかなり安くなったのでメリットが大きかったですが、消費者金融は過払い請求による資金不足が相次ぎ、大手の業者の中にも会社整理や倒産をしたところがありました。このほか、総量規制といって、利用者の年収の3分の一以上の貸し付けを禁じる法律も施行されましたので、現在では銀行以外の借入れでは、年収によって借りられる金額の上限が決まっています。専業主婦のカードローンは銀行ね!